レトロだけれどほっとする

「コタツでみかん」っていうのは、いまの生活様式からすると減少傾向らしいですね。
インターネットの記事にもなったりする日常的なことだけれど、時代が進んだ平成の時代でも日本人には好まれることみたいですね。

ネットの読み物になったりみかんの販売状況がわかるというネットショッピング、人気のランキング上位に挙がっているのは、コタツとみかんに懐かしさみたいなものを感じるんでしょうね。みかんの品種も従来の温州みかんだけでなく新品種が、それよりも小粒のものや「はれひめ」という品種だったかと思いますが。
この頃のように寒い日なら、テレビでも見ながらコタツでほかほか温まり、ゴロ寝なんていう光景がうかびます。

いろんなことが技術進歩して近代化されても、コタツでみかんは心なごむものなんですね。