敏感肌はマッサージに注意する

敏感肌は、高頻度にマッサージをすることで、お肌の状態が不安定になりやすくなってしまいます。
マッサージを行うことで、肌を柔らかくしたり、栄養分を与えられるようになるのですが、バリア機能が弱くお肌が薄い敏感肌の方が行ってしまうと刺激となり、肌の状態が悪化しやすくなってしまいます。
敏感肌の方は、敏感肌用化粧水を使うことはもちろん、肌に対しての刺激を抑えるケアを行うようにしましょう。

マッサージする時、毎日行うのではなく週に1回程度に抑えることで、肌に対しての刺激を防止できるようになります。
たまにマッサージすることで、お肌にダメージをかける心配なく健康なお肌に変えていくことができるのです。

ただし、マッサージを行うときには、必要以上に力を入れないように気を付けましょう。
力を入れてしまうと、肌に対しての刺激が強くなりすぎてしまい、炎症が起こってしまうのです。
敏感肌は、一度炎症を起こしてしまうと、お肌の回復までに時間がかかってしまい、敏感な状態が長く続いてしまいます。

肌を強くするためには、力を入れないように気を付けながらお肌のケアを行っていく必要があります。
力を入れずにケアを行えば、バリア機能に影響を及ぼす心配なくお肌を改善できるようになるのです。